ロードセル製品を選ぶポイント~テクノロジーコレクター~

受付

便利なサービス内容

作業員

電子機器に搭載されているプリント基板は、製造する際に一度試作を作ってもらうことが出来ます。このサービスは性能や機能を確認するために最適ですが、他にも少ない数が必要な時にも使えるサービスとなっています。

詳しくはコチラ

イチオシリンク集

  • 株式会社 和起製作所

    精密板金の相談を聞いてくれる会社になります。ここなら親身になって話を聞いてくれるので利用しやすいでしょう。

安心で簡単に任せられる

基盤

プリント基板を発注する際は、数種類もの材質を取り扱っている会社へ依頼すると良いでしょう。さらに日本で製造している会社であれば、高品質な上に安くで手に入れることが出来ます。

詳しくはコチラ

安心の取り寄せられる

作業員

最近では国内でもプリント基板の製造を行なっており、短い期間で素早く取り寄せることが可能となっています。テレビやコンピューター、カーナビに必要な部品であり、仕事の効率を上げるためにも重要な部品なのです。

詳しくはコチラ

コストを考慮した活用

ロードセルの種類について

電子テクノロジー

質量やトルクなどの力を検出するためのセンサーがロードセルです。これらの力を電気信号に変換する仕組みを持っており、変換された荷重を数値として検出するために欠かせない機器であり、荷重変換器とも呼ばれます。 ロードセルは復数の種類があり、用途に応じて最適な種類が変わってくるため、その種類について把握しておくことが製品選びのポイントともなります。種類は大きく分けて4つあり、引張・圧縮型のロードセルとしてまずビーム型があります。ビーム型は直方体の形状のため組み込みがしやすく、軽量で安価な物が多いのが特徴です。このため家庭用の台秤などにもよく使われています。 2つ目の種類に、コラム型があります。コラム型ロードセルは圧縮型であり、大型ホッパースケールやトラックスケールなどに用いられます。 他にもS字型やダイヤフラム型といったロードセルもあります。

コスト削減に繋げる工夫

様々な場所においてロードセルは用いられており、例えば砕石場や油槽所の出荷時にも欠かすことはできません。トラックスケールと呼ばれる車輌の重量を計測する大型の秤にもこれらは用いられています。 トラックスケール用の負荷条件、定格容量などを備えたロードセルを用いる工夫によって、より正確な出荷時の重量確認が可能となり、計量誤差を無くし利益を逸する事に繋がります。 また天秤の購入にあたっても、電磁式とロードセル式の2つの形式がありますが、コスト削減を考慮するならロードセル式の導入が最適な選択です。ロードセル式の天秤ならば構造が簡単な上に、大型の天秤にも用いやすいというメリットがあります。精度面では電磁式に劣りますが、用途を考慮して選択することでコストを抑えることが出来ます。